理事長挨拶

千春会について理事長挨拶

理事長挨拶

ご挨拶
    理事長  菊地孝三

    理事長  菊地孝三

私たち医療法人社団千春会は、患者さま・利用者さまを第一と考え、法人理念に則り、「より良質」であることを目指して、法人一丸となって日々取り組んでおります。1997年2月に私が当法人の理事長に就任いたしましてより、理念の実現に向けて事業の改革を推し進め、今日まで、職員と共にたゆまぬ努力を重ねてまいりました。

まず、1999年にデイケアセンターを開設し、翌年の介護保険制度施行を機に本格的に介護事業に着手いたしました。その後毎年、事業所を開設しており、現在は15カ所の事業所が稼働しております。医療においては2005年、病院の全面建て替えと同時に透析センターを新設し、さらに、関連施設として『特別養護老人ホーム わらく』も和束町 (京都府相楽郡)にオープンいたしました。

そして、この年(2005年)病院名を「千春会病院」と変更し、「第二の創業」を宣言いたしました。

また、第三者による評価を積極的に導入し、2006年4月にISO9001:2000(現在ISO9001:2008)を取得し、千春会病院は2007年8月に病院機能評価(Ver.5)の認定を取得し、更新審査を受審継続しております(現在:Ver.6)。加えて、2008年より、看護体制においては最高の7:1看護基準を維持しており、また介護部においても第三者評価機関による審査で、高い評価を得ております。

2009年には、リハビリセンターの第2期改築工事により、現行では最高基準の基準Ⅰを取得するなど、内部の充実にも力を注いでまいりました。

2010年には、増加するガン患者様の一助となるべく、ガンの温熱療法(ハイパーサーミア)「千春会ハイパーサーミアクリニック」をJR長岡京駅前に開設。2014年には、子育て中の方々をサポートすべく、クリニック内に小児科(平日夜診・土曜午後診)を開院しました。

また、千春会病院におきましては、「地域のかかりつけ病院」として、日々、医療の質向上に努めており、さらに介護事業との連携を密にした「医療と介護」の融合を目指しております。

2011年5月には、京都府でも数少ない全室個室・トイレ付の「介護老人保健施設 春風」(老健100床、ショートステイ20床、デイケア200名)を開設。現在、「機能強化型老健」として在宅復帰率50%以上を継続しており、「地域リハビリの中核施設」としての役割を担っております。

2012年には、向日市初の認知症対応型デイサービスを併せ持つ「介護複合施設 東向日」を開設し、さらに2013年には、今後、益々ニーズの高まる「サービス付き高齢者向け住宅 パティーナ 一文橋」(併設:デイサービス、定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業所)を開設いたしました。

また、2015年には、関連法人である「社会福祉法人 和楽会」による「保育・高齢複合施設 友岡」(保育園・小規模特養)を長岡京市友岡に開設。こちらは、「特別養護老人ホーム」「デイサービス」と「保育園」を同一施設内に併設することで、子どもたちと高齢者の方々が自然に触れ合うことのできる施設となっています。

そして、時期を同じくして、長岡京市今里に「グループホーム」「デイサービス(通常型・認知症対応型)」を併設した「介護複合施設今里」と「小規模多機能型居宅介護あさつゆ」を開設いたしました。

2017年3月には、京都市伏見区にて、在宅復帰支援施設として「介護老人保健施設 桃山」(老健100床、デイケア定員100名、デイサービス定員30名、ショートステイ13床)を開設するなど、今後も各地域で必要とされる様々な事業を展開してまいります。

千春会は、地域の皆さまの信頼厚い法人として「なくてはならない存在」であり続けるために、展開する事業を通じ、これからも職員一同、法人理念に則り、「医療と介護の融合」を目指して誠心誠意、努力してまいります。

2017年4月

医療法人社団 千春会 理事長 菊地孝三

ページの一番上へ