研修について

介護部門求人情報研修について

研修について

「資格や経験がなくても大丈夫!」
「私にできるかな?」「どんな仕事?」「資格も勉強もしたことがないけれど」と介護は初めてという方は不安なもの。新卒職員の2/3以上が他学部・他学科であったり、資格のない方や未経験の方もおられます。千春会では、初めての方が安心して仕事につけるよう、しっかりした研修体制を整えてバックアップしていきます。介護部全体研修、事業所別研修、新入職員研修など、充実した研修で、法人全体の質向上と個人のキャリアアップがはかれます。

新入職員研修[中途採用・新卒採用]

[中途採用]

「困ったことない?」「わからない事は?」先輩職員が一対一でサポートしてくれるので、安心。

入職後、いきなり介護をするわけではありません。まず新入職員研修で介護についての基本的な知識について座学で学び、車イスへの乗り移り方(移乗方法)や歩行介助、ベッドからの立ち上がり、衣服を着脱する場合の介助など、様々な場面を想定した実地研修をマンツーマンで行います。研修後は各事業所に配属され、先輩職員のサポートを受けながら、少しずつ現場で実践を積み重ねていきます。

[新卒採用]

同期は様々な学部・学科だからこそ勉強になります。 全員で学ぶからこそ、一緒に働く仲間意識が芽生えます。「毎年12~15名の新卒同期はこの研修で仲良くなるんですよ」

新卒で入職した職員は事業所に配属される前に、研修カリキュラムに基づき同期の職員と約7日間、朝から夕方まで講義と演習を繰り返し基本的な介護知識を学びます。コミュニケーションの取り方や問題解決方法など、グループワークやディスカッションを通じて考えていきます。また、身体の不自由な方が、衣服を着脱する場合の介助や車イスへの乗り移り方(移乗方法)や歩行介助、ベッドからの立ち上がり等、様々な場面を想定した介護技術を学びます。

事業所別研修

各事業所ごとに月に一度、事業所別勉強会がミーティング後に開催され、基礎から応用まで、復習や新たな知識の習得を目指していきます。働き続ける中で、常に研修や経験を通して、技術や知識の向上が図れるようにしています。

介護部全体研修

月に1度、全ての事業所が合同で行う全体研修を開催しており、毎回約170名の職員が参加しています。専門医による、認知症や床ずれ防止の勉強会や、リハビリテーション科のセラピストによる体位交換の演習、管理栄養士による食事に関する勉強会など、千春会病院を母体とした法人ならではの研修を行い、「医療と介護の連携」「知識の共有」が図られています。

ページの一番上へ