膝専門外来

医療部門診療科目膝専門外来

膝専門外来

治療の選択肢が広がります!

第2・第4火曜 夜診(受付時間 17:00~19:45)<予約制>
膝の不具合でお困りの方にぜひ、
教えてあげて下さい

診療される原田豪人先生は、長年京都桂病院で「膝関節痛」など手術治療を実施してこられた膝疾患のエキスパートです。「当院での膝専門外来は保存治療として投薬治療やリハビリ治療を中心に行っています。
また、最新の治療として「膝軟骨の再生治療や体外衝撃波治療」も導入。今は、幅広い選択肢の中から、ご自身が希望する治療法を選択できるような時代です。」とのこと。
痛みに悩んでおられる方にとっては、多くの選択肢があることは、大変うれしいことです。

最新治療「体外衝撃波疼痛治療(ショックウェーブ)」を開始しました

足の痛み、ひじ、ひざ、肩、腱鞘炎の痛みなどに効果的な機械を導入!

体外衝撃波疼痛治療は「ショックウェーブ外来」にて水曜 夜診(予約制)に行います。
まずは膝専門外来にて、ご相談下さい。

※体外衝撃波疼痛治療は自費治療もありますのであらかじめ、膝専門外来にてご相談下さい。

治療前

体外衝撃波疼痛治療装置

治療後

DUOLITH SD1(デュオリス)

体外衝撃波治療(ショックウェーブ)とは

欧米ではスポーツ選手を中心に、低侵襲で安全かつ有効な治療法として使用されているものです。足底腱膜炎や腱付着部炎など痛みを伴う多くの疼痛性疾患において、痛みの部位に複数回照射し、痛みを除くことを目的とした治療に応用されています。

ショックウェーブ外来 水曜夜診(予約制)
治療時間:
1回約10~15分
一定期間をおいて複数回の照射を行います。

対象疾患

足部 足底腱鞘炎、アキレス腱炎、アキレス腱付着部炎
膝蓋腱炎
上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎
石灰沈着性腱板炎、腱板炎
骨折 偽関節・疲労骨折
その他 早期の離断性骨軟骨炎、早期の骨壊死

ページの一番上へ